人気ブログランキング |

愛するということは...

『愛するということ』読み終わりました。
難しかった〜💦 9割方理解できなかったw
でもさぁ  ちょっと難しく考え過ぎなんじゃないの〜?って思ったんですよね。
早い話しが、愛するということ、それはズバリ!!
って、これからこの本を読もうとしている人にはネタバレになっちゃうので、これ以上読まないでね(._.)

b0122262_21004819.jpg
 
愛するということは、ただただひたすらにその人の幸せを願い、そのためには自分を惜しみなく与え見返りも求めないこと、だそうです。

愛とは、何よりも与えること。
与えるとは、何かを「あきらめる」、剥ぎ取られること、犠牲にすること、というのは思い込みで誤解である、と書いてありましたね。
そっか〜  自分が犠牲になってるとか、我慢してるとか、そういうことさえも一切思わないんですね。
それができるのは「母親」しかいないのではないだろうか?!と思ってたら、やはりフロムもそう言ってましたね。

母親は子供の幸せしか願わないですよね。自分が犠牲になってるとか我慢してるとかも思わないだろうし、むしろそれが喜びと言うか、子供のためなら命さえも惜しまず与えるんでしょうね...
ちょうどそのあたりを読んでる時に、千葉県の10歳の女の子が父親に虐待されて亡くなったニュースが報道されて、もう本当に胸が痛んだし、疑問も感じましたね。
母親ならなぜ子供を守れなかったのかな?私ならブチ切れて大反撃するけどなぁ。
パパがもしりこちんをいじめたら、滅多打ちにしてやるぜぇぇぇ凸(゚Д゚#)テメェゴルァ!!許さねぇ!!

母親が子供を愛するように他人を愛することは、はっきり言って無理です。
夫婦の愛はどうだろう?どこかに見返りを求めているような気がるすし。
でも無理だと分かっていても、そのための努力は常にし続けないといけないんですよね。
って、その努力をし続けることさえも難しいですけど💦
内容も難しかったけど、それ以上に「愛するということ」がいかに難しいかを痛感しました。

自分を愛することができないと他人を愛することもできない。
まずは自分を愛するとしましょうか....。


by kennmao | 2019-02-17 20:59 | ママの日記